こんばんわーん(。・ω・。)ノ

 

 

早速ですが!

5月1日、今年も「黒羽観光やな」がオープンしました〜☆

 

オープンといっても”やな”が架かるのはまだ先!!

 

毎年この日に、お食事処が一足先に営業開始するんだよねぇ( ´艸`)

 

 

そして、毎年この日を楽しみにしているボク。。。

なぜなら、オープン披露式があるのデス!! 今年もお呼ばれしちゃいました〜\(^o^)/

 

 

入り口で受け付け発見!! (゚ー゚?)キョロ(*゚ー゚)ゝキョロ 誰もいない。。。

ボクにも招待状が来てたし、やっぱり受け付けはしなくっちゃね d( ̄∀ ̄)

 


「大田原市 与一くん」と。。。_φ(・_・カキコカキコ

我ながらバッチリ(笑)

 

 

さっそくオープン披露式〜☆

 

大田原市長をはじめ、漁業協同組合や関係者のみなさんがお祝いの挨拶を!

今年も賑わうといいなぁ〜♪と思ってたら、来客第1号でスズメが飛び込むハプニング(^▽^;)

おいしい匂いにつられたのかも。。。(笑)

 

 

挨拶も終わったところで、待ってましたっ!!(>∀<)

 

ご馳走タイム〜♪ この時ばかりはちゃんとボクの分も・・・ありがたや〜(T人T)

 

 

鮎の塩焼き、鮎魚でん(木の芽ソースがけ)、鮎フライ、いわなの刺身、ウナギ蒲焼き。。。

コレぜ〜んぶ、通常メニューでも食べられるよ!!\(^o^)/

 

 

ふう〜♪ 満腹満足てれネコハート

お腹もふくれたところで、しっかり施設を紹介するよ〜(笑)

 


黒羽観光やなは、こ〜んな吹き抜けのお座敷でお食事が楽しめマス☆

ボクにもひろびろサイズでありがた〜い(^∀^)

 

 


那珂川を眺めながら、川風を感じて。。。

真夏でも気持ちよく過ごせるんだなぁ〜♪(o ̄∀ ̄)ノ

 


目の前の清流 那珂川!! 鮎の漁獲量日本一、そして天然アユのメッカ!\(^o^)/

真夏にはココに立派な”やな”が架かりマス☆

 

 

・・はっ!前に来た時はなかったコレ。。。(^o^;)

 

 

なんとスタッフさん手作り!!招福の黄金の鮎&恵比寿大黒天〜☆

これは絶対顔出ししなくっちゃ〜♪(o ̄∀ ̄)ノ こんな風にゆる〜い名所も増えてます(笑)

 

 

メニュー表をじっくり観察。。。オススメはやっぱり、炭火で焼く鮎の塩焼き♪

そしてここに来たら食べて欲しいのは、「鮎釜めし」! セットでも頼めて絶品!!\(^o^)/

 

 

ハイハーイ!ボク与一くんが注文を取りまーす♪

え、塩焼き1本? 2本にしない?? 今なら”鮎魚でん”もお得デスヨ〜( ̄∀ ̄)b

 

 

調理場のおねぇさーん♪ 注文お願いしま〜す☆

え?そんなにたくさんって・・・ボクが食べるんじゃないよアセアセ

ちゃんとお客さんの注文だよっ!!(笑)

 


そして、黒羽観光やなに来たらボクを探せ!?( ̄Д ̄)ノ

 

 

なんとお店の中に3カ所も! ボクの写真が貼ってあるのデス。。。

かなりボクをフィーチャー(笑) 嬉しいのでさらにPRがんばろーっと♪

 

 

さてさて、夏の風物詩の”やな”が架かるのは7月20日前後!!

やなから見る那珂川の流れは絶景!d(^_^o)

 

やなが無くても、鮎が食べたくなったらぜひ黒羽観光やなへ\(^o^)/

お待ちしてマース♪

 

黒羽観光やな☆

http://www.kurobane-kankouyana.com/index.html

 

 

 


こんばんわーん(・ω・)ノ

 

昨日6月1日は、待ちに待った那珂川のアユ釣り解禁日〜☆

ってことで昨日の続き。。。

 

 

那珂川はアユの漁獲量日本一\(^o^)/

黒羽地区の那珂川河川敷にも、全国からアユ釣り名人たちが大集合〜♪

 

ちなみに、アユ釣り解禁は日付けが変わった時点で解禁なんだそうデス

でも暗いと釣りようがないからねぇアセアセ

明るくなったら、朝イチでこんな風に釣り人がた〜くさん!!\(^∀^)/

 

 

さてさて、実はボクもこの機会をずーっと狙ってました。。。

 

 

一度はアユ釣りに挑戦してみたい!!

そして自分で釣ったアユを塩焼きにして食べてみたい!!!(笑)

ついにその時がやってきた〜〜☆\(^o^)/

 

 

漁協(漁業協同組合)の方々の全面協力のもと、アユ釣りに挑戦!!!

 

 

木舟まで用意していただいて。。。釣り竿も貸してもらっちゃいましたアセアセ

えぇっ!?この竿スゴクいい竿なの!? 壊さないようにしマ〜ス( ;´Д`)

 

 

無事、舟に乗り込んで出航〜♪

ボクの体重ではちょっと舟が不安定だけどガーンネコ この道五十年のベテラン船頭さんを信じて!(笑)

 

 

はっ!気付いたらギャラリーの方々がたくさん!!

こ、これは大物を釣り上げねば〜☆

 

朝方の豪雨で那珂川は増水中・・・アユ、いなくなっちゃったかなぁアセアセ

 

でも心静かに待つことしばし。。。(-ω-)

ハッ顔ビックリ しなる竿!!今だ〜!!!( *`ω´)ノ

 


ググ〜っと竿を上げてみると。。。

あれはもしや!?

 


つ、釣れた〜〜!?!?\(◎o◎)/

・・・と思ったら、最初に釣り針に付けたおとりアユでした(苦笑)

タハハハ。。。(^▽^;)

 

アユ釣りの手法は「友釣り」!!

生きたアユ(おとりアユ)を釣り針につけて泳がせ、ナワバリ争いで近づいてきたアユを引っかけて釣るんだよね〜☆

 

 

アユは釣れなかったけど、黒羽の景勝地 奇岩「高岩」をバックに進む舟!

舟唄でも唄いたい気分。。。( *´艸`)

 

ウグイスがホ〜ホケキョ♪

トンビが上空をぐーるぐる。。( ;´Д`)


いやぁ〜♪風流風流〜(´▽`人) こんな映像、なかなか撮れないからねっカメラきらきら

協力してくれたみなさん、ありがとんがらし〜!!\(^∀^)/

 

 

水不足だった那珂川ですが、この日の豪雨で増水したおかげで

今週末はアユ釣りのベストコンディションだそう!!

 

アユ釣り名人さ〜ん!チャンスですよー\(^o^)/

 

ボクもまだ、自分で釣ったアユを塩焼きにする夢をあきらめない・・・!!(>_<)

弟子にしてくれる釣り名人さん募集中〜(笑)

 

 

ではでは、この風情抜群な様子を最後は動画でドウゾ♪

 

 

 

アユ釣りの季節はこれから約3か月!!

 

みんなで釣って!食べて!楽しんじゃいましょ〜♪(≧∇≦)

 

 

 


こんばんわーん月

 

今日も元気にブログを更新〜イヌ

 

ボクが取材した「黒羽藍染紺屋」さん!!

 

今回は、さまざまな藍染め製品が並ぶ店内へGO〜☆

 

 

暖簾をくぐって。。

 

ではでは、おじゃましまーす音符あひょうパンダ

 

 

店内はとっても落ち着く雰囲気♪

 

奥の畳の部屋は、藍染め製品を日常の暮らしに取り入れてほしいという紺屋さんが提案する、藍染めのモデルルーム人差し指

 

そこかしこに、さりげなく置かれる藍染め。。てれネコきらきら

 

こんな部屋がボクの事務所だったらなぁ〜笑

仕事もはかどるんだけど!?ちゅん

 

 

お店に並ぶのは、伝統的な手ぬぐいやのれんはもちろん。。

 

ブックカバーやカードケース、ヘアゴムなどのオシャレな藍染め製品☆

 

壁にかかっている藍染めパネルなんて、部屋にあったらステキだよね〜ヤッタv音符

 

こんな小物だったら、気軽に藍染めを手元に置けるね!!

 

 

コチラは藍染めの手ぬぐいゆう★

 

伝統的な柄からモダンなものまで、どれを見てもクール!!!キャー

これらの新しい型紙のデザインも、店主の小沼さんが手作りしているって言ってたよね〜♪

 

藍染めの手ぬぐいは、オシャレな上に丈夫!!

日常で使って洗って。。を繰り返して、イイ感じになじんでくるのも楽しみだよねきらきら

 

 

夏には、藍染めのうちわもありました〜♪

藍染めのうちわって珍しいよね!?

 

季節によっても、新製品が出てくるよ手

 

 

巾着袋も、藍染めだと一味ちが〜う!!

さらにクラッチバッグや手提げバッグなど、オシャレなものがそろっていマスブイ

 

受け継がれてきた伝統と、若き店主さんの新しいセンスの融合。。

紺屋さんの魅力は、そのあたりにありそうだね〜にこにこ♪

 

 

そしてそして、ボクもおすすめの商品がコレッ!!(≧∇≦)

 

藍染めスニーカー!!!きらきらスニーカーきらきら

 

スニーカーを藍染めしちゃうなんて斬新。。超クール!!

もちろんひとつひとつ手染めだから、同じ柄は2つとないっ手

 

 

スリッポンとローカットタイプに加えて、ハイカットタイプもありますよ〜☆

 

コチラは受注生産になるので、ぜひお店で実際に見てみてね!!人差し指

 

コレ、超カッコいいなぁ〜てれネコハート

ボクのもサイズがあれば。。なんだけど。。ガーンネコ

 

 

とっても丈夫で長持ち、天然の防虫・抗菌効果もある優れものの藍染め♪

江戸時代には、庶民の普段着や作業着として普通に使われていたんだよね〜人差し指

 

今は、時代の移り変わりとともに少なくなってしまったけど。。

こんなステキな藍染め屋さんをきっかけに、また日々の暮らしに藍染めを取り入れられたらいいね!!(≧∇≦)bきらきら

 

黒羽藍染紺屋さーん!!

今回はありがとんがらし〜\(^o^)/

 

黒羽藍染紺屋

 

栃木県大田原市黒羽向町88
0287-54-0865
10:00〜17:30
定休日/木曜

 

お店の情報はコチラから☆

黒羽藍染紺屋facebookページ
https://www.facebook.com/kurobaneaizomekonya/

 

 

 


こんにちワンワーンイヌ

 

今日も元気にブログを更新〜エクステンション

 

お久しぶりの取材シリーズ汗

今回ご紹介するのは。。文化文政の時代から、野州黒羽の地に「藍」を建て続けて二百余年!!

 

「黒羽藍染紺屋(くろばねあいぞめ こんや)」さん〜きらきら

 

栃木県の伝統工芸にも指定されている黒羽藍染。。。

紺屋さんは、現在黒羽地区に唯一残っている染元さんなんデス!!ゆう★

 

八代目になる若き店主、小沼 雄大(おぬま ゆうた)さんに型付けや染めの様子を見せてもらったよ〜♪

 

 

まずは。。

今回は特別!!工房にお邪魔させてもらいました〜手

 

布地に、型紙を使って模様をつける「型付け」の実演!あひょうパンダ

 

この型紙も、代々受け継がれている伝統的なものから小沼さんが新しく生み出す斬新な柄まで、すべて手作りなんだって!!驚き

 

 

型付けに使う「のり」は、もち粉と糠を炊いたもの!!=3

 

長〜い反物も、こうして手作業で型付けを行っていきマス☆

この糊がついた部分は染料に漬けても染まらないので、型紙どおりの模様が染めあがるワケですねkyuきらきら

 

糊を塗って一度乾かしたあとは、大豆から作られた豆汁(ごじる)を生地に引き(塗り)、さらに乾かすんだって人差し指

 

使うのは全部、自然の素材なんだねー!!てれネコ

 


ところでこの糊、ちょっとオイシソウ。。笑

 

味見したらダメかなぁてへ

 

 

お次は。。またまた特別に染めの工房へ☆

 

見て見て!!!

藍染めの染料が入った藍甕(あいがめ)がたくさん埋まってる〜!!ヤッタv

この甕に布地をひたして、染めの行程を行うんだね♪

 

じつは「黒羽藍染」には、他の藍染めにはない特徴があるんです。。d(^_^o)

 

それは藍で染める前に、松の根を燃やしてできる「松煙墨(しょうえんずみ)」を使って下染めをすること!!!

それによって、より藍が濃く出るそうデスきらきら

 

ちなみに松煙墨だけで染めると、灰色〜黒の墨染(すみぞめ)製品になるんだよ〜音符

 

 

藍染めの染料って、何からできてるか知ってるはてな

 

その正体は。。「蓼藍(たであい)」という植物を発酵させた「すくも」と呼ばれるもの人差し指

「すくも」を甕に入れて、さらに発酵させて染料を作ってるんだよ〜♪にこにこ

 

きれいに染まるかどうかは、天気や温度によって違ってくる甕の発酵具合を見極めることが必要!!

まさに、職人の経験と勘の世界なんだねぇてれネコハート

 

 

では、もうひとつお勉強しましょ〜♪本

 

布地を染め上げるときは、好みの濃さになるまで何度か染料につけたり、引き上げたりを繰り返すワケですが。。

 

藍染めは、染料が空気にふれることで「酸化」して鮮やかに発色するんデス!!

そしてこの発色をもたらしてくれるのは、発酵した染料のなかの微生物のパワー\(^o^)/

 

酸化と還元って。。理科の時間に習ったよね笑

 

さてさて、ココまでぜーんぶ、自然の素材と人の手のみで作られてきているのが分かったかな?ゆう★

最後の仕上げも、お日様と風に当てて乾かすこと晴れ風

 

藍染めって、植物や水やお日様などの自然の恵みと職人技が融合した、すばらしいものなんだね〜きらきら

 

こんな伝統を守り続けているお店が大田原にあるって、ホント誇りに思えるよね!!ヤッタv手

 

 

さてさて、次回はオシャレな藍染め製品が並ぶお店のなかへGO〜☆ワクワク

 

その2につづく。。

 

 

黒羽藍染紺屋

 

栃木県大田原市黒羽向町88
0287-54-0865
10:00〜17:30
定休日/木曜

 

お店の情報はコチラから☆

黒羽藍染紺屋facebookページ
https://www.facebook.com/kurobaneaizomekonya/

 

 

 

 

 


こんにちワンワーンイヌ

 

ボクの取材シリーズ。。那須神社 その3〜☆

ってコトで、今年9月に行われた秋の例大祭の様子をご紹介!!\(^o^)/

 

今回は、潜入したボクのスタッフからの写真でお送りしマス笑

てへへ(≧∇≦)

 

今も連綿と受け継がれている、那須神社の例大祭。。

与一公がここに戦勝のお礼に来た際、京都からの楽人や伶人(れいじん)を呼んで催したというお祭りが始まりって言われてるんだよね〜♪

 

 

那須神社はこの日も雨。。雨

 

なんだか那須神社って、しっとりとした雨が似合う気もするなぁ〜笑

 

年に数回の例大祭ってコトで、お参りする人々で賑わう境内〜♪

 

 

秋の例大祭、始まり始まり〜☆

 

まずは「獅子舞」の奉納から!!

 

天狗さまに先導されて、笛の音とともに獅子が入場。。驚き

 

「神がかる」ってこんな感じなのかなぁ。。場の空気が変わった瞬間だったね♪

 

 

市の無形文化財にも指定されている、那須神社の獅子舞!!!

 

笛とササラのお囃子に乗って舞うのは、雄(おす)・雌(めす)・仔(こ)の3頭の獅子たち人差し指

 

しかも、獅子たち自らが小太鼓を打ちながら舞うんデス!!(゚∇^*)

 

 

氏子の安全と豊穣を祈って舞われる獅子舞。。

 

素朴なんだけど勇壮でカッコよかったなぁ〜!!ヤッタv

 

これは是非たくさんの人に見てもらいたいね♪

 

 

そして、参道の奥に控えるのは。。!!!(゚ロ゚屮)屮

 

 

きたぁ〜〜!!=3

流鏑馬(やぶさめ)!!!(≧∇≦)きらきら

 

秋の例大祭では恒例の、流鏑馬の奉納扇

 

カッコいいなぁ〜アセアセ

ボクもこんな風にさっそうと乗ってみたい。。苦笑い

 

 

コレは動画のほうが伝わりやすいよねっブイ

 

ちなみに、那須与一の放った弓や割れた的の破片を拾うと、ご利益があるんだって〜ヤッタv♪

 

それでは、どうぞ〜☆

 

 

そして最後に。。

実は今回、スタッフには重大なミッションを与えていたんデスd( ̄∀ ̄)きらきら

 

それは、取材中に聞いたこ〜んな噂。。

 

『那須与一が那須神社に戦勝祈願(1回目)に訪れた際、"箱塚"にて装束を改め、手ぶらでお参りではと付近に生えていた野生のしょうがを抜いて、神前にお供えした…


その逸話から、例大祭には毎年しょうが売りが出る』

 

その真相を確かめるというミッション!!!笑

 

あっ!!あそこで氏子さんたちが売っているのはもしや。。!?驚き

 

 

キターー!!=3=3

山盛りのしょうが!!!ε==ヽ(*゚∀゚)ノ

 

やはり、那須与一がしょうがをお供えしたという逸話にちなんで、例大祭で売っているそうデス人差し指

こういう、ちょっと遊び心のあるものっていいよね〜てれネコ


コチラはもちろん大田原産の新鮮なしょうが!!

これで500円〜♪


食べれば、無病息災のご利益があるんだって〜☆

 

 

ちなみに、こんな商品があったの覚えているかな!?

【那須神社応援(那須ジンジャーエール)】

 ↓↓

http://o-yoichi.jugem.jp/?eid=1494

ココにしょうがが使われてるのも、ただのダジャレだけではなかったんですねぇ〜☆(o ̄∀ ̄)ノ笑

 

地元の人たちに愛されつづけている那須神社、そして例大祭。。

 

今後も大切に受け継がれていきますように〜♪(^人^)南無南無

 

 

 


こんにちワンワーン♪

 

ボクの取材シリーズ、那須神社 その2〜☆

 

ちなみに、忘れちゃった人のために!!

その1はコチラ。。( *´艸`)

↓↓

http://o-yoichi.jugem.jp/?eid=1569

 

那須神社を紹介するにあたって切っても切れないのが、すぐそばにある「那須与一伝承館」!!

 

今回は、ここもあわせて取材〜☆
ちなみに、与一伝承館の取材は2度目デス。。d(゚∇^d) オゥイェー♪

 

 

ここに展示されているのは、那須与一や那須氏に関わる貴重な資料!!


その中には、那須神社の神宝類もあるんですd(^-^o)

今回はそれらをピックアーーップ☆

 

ではでは、注目の3つの品をご紹介…


『太刀 銘 成高(たち めい しげたか)』(国の重要文化財)


『綾包太刀拵(あやづつみたちこしらえ)』(国の重要文化財)

 

『軍器図(ぐんきず)』(国の重要文化財)

 

 

まずは『太刀 銘 成高(たち めい しげたか)』☆

 

なんと!!

那須与一が扇の的を射た際に身につけていたとされる太刀!!!


細身で反りの強い刀身が特徴の、古備前の優品だそうデス( ^ω^ )

 

よ〜く見ると。。とっても美しい刀身だね〜♪

 

 

その鞘(さや)である『綾包太刀拵(あやづつみたちこしらえ)』


 那須与一らしい萌黄色の絹に、鮫皮、牛皮を駆使した拵(こしらえ)☆
平安時代の太刀と拵がそろって残っているのは、とっても貴重なんだって(゚∇^*)

 

『綾包太刀拵』は、普段はレプリカですが。。
ボクの取材時には、これらのホンモノが展示中!!


国の重要文化財、「(国)重文三点揃い踏み」状態だったんデス!!!(/ロ゜)/

(※現在は展示を終了していマス。。(^人^))

 

本当に貴重なモノを見られたなぁ〜☆

 

 

『軍器図(ぐんきず)』は、江戸時代の那須家当主、那須資明(なす すけあきら)が那須家の宝物を描いたもの☆


今回出ている「綾包太刀拵」も、全体像から質感まで忠実に再現されているよ!!

 

 

全部手書きで、こんな風に細かい部分の注意書きまでされて。。

すっごく丁寧に描かれているねd(^_^o)

 

きっと細かい性格だったのかな〜(笑)

 

 

この他にも貴重な展示品がたっくさんあるけど、今回はここまで〜☆


那須与一について深く知るには、那須神社とあわせて見るのは必須だねっ!!(≧ω≦)b

ぜひ、那須与一伝承館へおいでませ〜♪

 

※今回は取材のため、特別に館内の写真を撮らせてもらいました。。( ^人^ )

 

那須与一伝承館☆☆
http://www.city.ohtawara.tochigi.jp/docs/2013082764997/

 

 


こんにちワンワーンイヌ

 

今日も元気にブログを更新〜♪

 

ボクの取材シリーズ。。

今回は那須神社編をお届け!!(o^-')b

 

 

「那須神社(金丸八幡宮)」といえば、ボクのモデルでもある「那須与一宗隆」にとってもゆかりの深い場所( *´艸`)

 

どうゆかりが深いのかというと・・・

まずはその1笑

 

那須与一が何度も戦勝祈願に訪れた場所!!!(゚∇^*)

屋島の合戦で扇の的を射ようとするそのとき、「南無八幡大菩薩…!」と祈りを捧げたことでも有名だよね〜♪扇

 

記録では2度訪れ、一度目は戦の前に・・・今も神社近くに残る「箱塚」で装束を改めてから神社にお参りし、その際、付近に生えていた野生のしょうがを抜いてお供えしたそう。。

 

ちなみにこの逸話から、今でも那須神社の例大祭には「しょうが売り」が出るんだってーー!!!

知ってた!?驚き

 

 

続いてその2〜☆

晴れて戦に勝ったあと、二度目の戦勝祈願(お礼)で屋島の合戦時に身に着けていた自身の太刀「弘綱(ひろつな)」を奉納!!!

これは、今も那須神社の社宝として残っていマス。。。( ^人^ )

 

・・おっと、社殿に行く前にはきちんと手水をしないとね笑

ちなみにこの手水舟(ちょうずぶね)も、国の重要文化財〜☆

 

 

では、奥に進みながらお話しを続けましょ〜♪

 

・・その3☆

1187年(文治3年)、屋島の合戦の戦功で那須与一が那須地域の領主になると、さっそく社殿と鳥居を再建!!(。・д・)ノ

その後、那須氏の氏神として崇敬が続くわけだね〜☆

 

ちなみに、現在も行われている春と秋の例大祭では、永代々神楽(えいだいだいかぐら)や流鏑馬(やぶさめ)が奉納されますが…d(^_^o)


与一公がここにお礼に来た際、京都からの楽人や伶人(れいじん)を呼んで催したというお祭りが例大祭の始まり!!


ここ南金丸地区には、今でもその楽人の子孫のみなさんが住んでいるんだって〜☆

 

 

じゃん!!

楼門の前にとうちゃ〜く♪\(^o^)/

 

時代は変わって。。

那須氏のあとは、黒羽藩大関氏が引き続き氏神としてあつく崇拝☆

 

この那須神社のシンボルとも言える極彩色の楼門は、本殿、拝殿とともに1577年(天正5年)に大関氏によって再建されたもの!!

 

現在は、楼門と本殿が国の重要文化財になってるんだよ〜♪

 

 

楼門の大天井には、縁起のよい絵画が〜☆

 

この楼門の極彩色。。。どっかで見たことない??

 

実はあの日光東照宮と同じ造りだと言われていマス!!\(^o^)/

大関氏の中に、東照宮の宮大工と関わりのある人々がいたとか・・

 

 

屋島の合戦の功績により、那須地域の領主となった与一公!


まず最初に手がけたのが、住民の平和と安寧を願う領主の務めとして神社を守ること・・・いわゆる地元の「鎮守さま」「氏神さま」をつくり、大切にすることだったそうデス☆

 

那須神社を守っていくことを通して住民の団結力を育て、地域をまとめる立派なリーダーになったんだね〜♪

 

これは、現代の神社仏閣の役割りとしても受け継がれているよねd(^-^o)

 

これも与一公の残した功績といっていいんじゃないかなぁ〜☆

 

 

あっ!おみくじ発見!!喜び

 

ボクも引いてみよ〜っと♪

 

・・・!?顔ビックリ

 

手が入らない。。。泣き

 

 

気を取り直して苦笑い

 

最後は境内を見てみましょ〜♪

 

さらに時代は変わって。。。1689年(元禄2年)!!

松尾芭蕉が「おくのほそ道」の道中で、黒羽に14日間という長逗留☆

 

その時に訪れた地として、那須神社の境内は松尾芭蕉ゆかりの「おくのほそ道 風景地名勝(国指定)」に指定されているんデスd(゚∇^*)

 

 

とりわけ、この本殿から参道に続くまっすぐな道!!

 

コレが、当時芭蕉さんが見て通った景色そのまんま☆

 

芭蕉さんが通り・・・大関藩藩主が通り・・・さらには那須与一までお願い

 

そう思うと感慨深いよねぇてれネコ♪

 

 

さてさて、那須神社取材は次回も続きマス☆

 

その前に。。

ボクもしっかりお参りしてきたよ〜ちゅん♪

 

 

 

 


こんにちワンワーンU^ェ^U

風薫る5月・・・きらきら

目に入る景色は新緑!!葉っぱ葉っぱ

今日はそんな新緑の時期にオススメの名所、パート2!!


ってコトでやってきたのは、八溝山地のふところ深く。。。(o ̄∀ ̄)ノ

清らかな渓流に沿う境地にある名刹、「雲巌寺(うんがんじ)」〜♪






臨済宗妙心寺派の雲巌寺は、禅宗の日本四大道場と呼ばれ、禅の道場としても有名人差し指



そして、四季おりおりの美しい景色が楽しめることでも知られていマス♪


秋の紅葉、冬の雪景色が有名だけど、今の新緑の時期もとってもおすすめ!!d(^-^o)

とくに、山門の正面にある朱塗りの反り橋・・・スゴく絵になるんだよねぇ〜〜てれネコ








反り橋から見えるのは、涼やかな武茂川(むもがわ)の流れ。。。

萌え出る若芽、深くなる緑。。。葉っぱ葉っぱ

マイナスイオンたっぷりリフレーッシュヤッタv





反り橋を渡ったら・・・楼門へと続くこの石段!!=3=3

けっこう登りがいがあるよぉ〜アセアセ

日頃の運動不足解消にはいいかも!?ちゅん

長い階段がツライ方には、ゆるやかな登り道のルートもあるのでそちらをご利用クダサイ人差し指





石段を上がりきった先には、正面に釈迦堂お願い

山々に囲まれて〜♪

とってもイイ気持ち〜てれネコ





あの松尾芭蕉も訪れ、ここで一句!!!人差し指


『木啄(きつつき)も 庵は破らず・・・』

・・苦笑い・・苦笑い・・えーーーっと何だっけアセアセ

この先は、敷地内の「芭蕉句碑」を探してみてクダサイ汗





とくに晴れた日にはドライブや、サイクリングなんかもオススメ車=3自転車=3

雲巌寺までの道のりも、新緑がたっぷり楽しめますよ〜手

そしてこちら、境内は自由に見学可能ですが、建物内は立ち入り禁止となってマス。。。お願い

心静かにお参りしながら、四季の風景を楽しんでね〜にこにこ

☆雲巌寺☆

大田原市雲岩寺27


※自由拝観(境内のみ)

※建物内 立ち入り禁止

http://www.ohtawara.info/spot/unganji.html





こんばんわーん☆

今日も元気にブログを更新〜
イヌ

風薫る5月。。。葉っぱ
今日は、お出かけにピッタリなこの時期におすすめのスポットをご紹介〜☆

5月の花といえば??
そう。。花の王様「ボタン」!!

大田原市の湯津上には、知る人ぞ知るボタンの名所があるんデスゆう★

その名も『富士ぼたん園』〜ぼたんぼたん





なぜに「富士」はてなかといいますと。。。
湯津上の、その名も「富士山」という地名にあるぼたん園だから!!ヤッタv

しかも園主ご夫妻が山を開墾し、10年以上をかけて一から手づくりしたぼたん園なんデス(o^-')b
1992年にオープンして以来、大田原の花の名所として親しまれているんだよ〜♪

 

ちなみにコチラ…花の咲き具合で入園料が変わるんデス( *´艸`)
満開時は800円、満開を過ぎたこの時は…少しお安くなった600円☆

お客さんへの気づかいが感じられるね〜手





園内に咲く色とりどりのボタンは約250種!!
kyu

その他にもシャクヤク、シャクナゲ、ツツジなど約5万株の花々が☆

山の斜面を利用しているので、けっこう歩きがいがあるんだよねぇ〜アセアセ





今年は花が早めだそうで、もう見頃も終盤だけど。。。

黄色い種類の「王冠」や「ハイヌーン」、数種類のシャクナゲがまだキレイに咲いてるよ〜o(^▽^)o





こちらはシャクナゲ♪

日に当たって鮮やか〜〜キャー





あっ、てんとう虫さんはっけーん
♪

忙しそう。。。ちゅん





そして今見頃なのは、シャクヤク!!\(^o^)/

この時はつぼみだったけど、今はもう満開〜♪

シャクヤクの花壇は、園内の下の方にあるよ走る





こちらは深紅の「レッドチャーム」きらきら
スゴーーイ!!見ごたえあるねぇ驚き

他に純白のシャクヤクなどもあるそうデス人差し指





なんせ山の斜面なので、見晴らしも抜群!!!

頂上付近にある「眺望の茶屋」からは、八溝山系が見渡せるよ〜晴れ

歩き疲れたら、ちょっとココで一休み喜び





茶屋ではお食事もできますが。。。
お店からのおすすめメニューがこちら!!!

『手作りあんころもち』〜てれネコハート

柔らか〜いお餅になめらかなあんこ!
ちょっと休憩・・・ってときに最適だねヤッタv

ちなみに、ココでは冷たい麦茶と温かいお茶がセルフで無料でいただけるんデスお茶
心づかいがうれしいねぇ〜きらきら





園内にはこ〜んな石も!?

立派なたてがみのライオンに見えるとか見えないとか・・・汗

いや!見える!!
見えるよね!!

見どころたくさんのぼたん園デス。。。笑





今年の開園は5月17日(火)までの予定!!

年々、満開時期が早くなっているそうなので、来年は4月末くらいかなぁ〜?手
またキレイな花が見られますように。。お願い

あっ、一見ぼたん園とわかりにくい所にあるので、看板を目印に迷わないようにねぇちゅん笑

ではでは
手

☆富士ぼたん園☆
大田原市湯津上富士山2691
TEL 0287-98-3815
(広めの駐車場あり)

 


こんにちワンワーンイヌ

今日も元気にブログを更新〜♪
 

大田原市の黒羽といえば、清流 那珂川の鮎が有名ですよね。。ちゅん

今年も5月1日(日)から、「黒羽観光やな」の営業がスタート!!!ゆう★
ってことで、ボクも取材してきたよ〜☆



 

那珂川は、鮎の漁獲量日本一!!!

黒羽を含む那珂川沿いの地域は、おいしい鮎がとれる「那珂川あゆ街道」とも呼ばれているよ〜人差し指きらきら


今年は鮎の遡上が例年より早め・・・体格も大きく数も多いんだって魚魚魚=3

6月1日にはアユ釣りも解禁!!
この日を全国の釣り名人が心待ちにしてるんだよねぇヤッタv





さてさて、こちらの黒羽観光やな。。。

やなの架設はまだですが、この日からお食事処が営業開始!!

おいしい鮎料理が楽しめちゃうんデス手

5月だから立派な鯉のぼりも〜!!
イエーーイヤッタvブイ





こんなふうに那珂川の流れを見ながら。。。川風を感じながらいただく鮎はサイコー♪

初夏から夏の楽しみだよねぇkyu





ではではお待ちかね!!
おすすめメニューのご紹介〜♪

まずは、何と言っても焼きたての鮎の塩焼き!!!(≧∇≦)
鮎は焼き加減が肝心。。。ここでは熟練の職人さんが、注文を受けてから一匹ずつ丁寧に炭火焼きキター

鮎のフライに・・・顔

香りのよいタレのかかった鮎の魚でんてれネコ

お刺身は・・・イワナだった笑
鮎の刺身は6月から開始!!手

さらに「鮎釜めし」も人気のメニューてれネコハート

自分で鮎を焼いて食べる「ろばた焼き定食」なんてものも♪

ぜ〜んぶ食べたーーーい!!!\(^o^)/





この日は、オープン記念式典と祝宴も音符

ボクもちょこっと参加。。。

お偉いさんたちばかりでちょっとキンチョー・・汗

でもでも、「与一くんも取材にきています」って紹介してくれて嬉しかったぁキターきらきら



はりきって受け付けもしちゃうよーー!!敬礼

ハイハーイ☆いらっしゃいませ〜♪
ボク与一くんが笑顔でお出迎え〜〜ヤッタv





大田原の観光案内もボクにお任せブイ

えーーーっと、なかがわ水遊園はこのあたりデス!!!

・・・え?手が邪魔して地図が見えない??・・苦笑い・・苦笑い・・





おすすめ観光名所もご案内〜kyu♪

あっ!!今の時期、ぼたん園なんておすすめデスヨ〜〜てれネコきらきら





ふぅ・・・

今日はよく働いたな〜〜パンダ

鮎の塩焼き、もう一本食べたいなぁ〜・・・





ってな感じで美味しい鮎が食べられる黒羽観光やな、ぜひぜひ来てクダサイ♪(゚∇^*)

ちなみに、やなが架かるのは7月20日前後の予定。。。

ボクもまた、そのころ来てみよーーっと☆(o ̄∀ ̄)ノ

黒羽観光やな
 



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

書いた記事数:1794 最後に更新した日:2017/06/23

search this site.

others

みんなのブログポータル JUGEM