こんにちワンダフル〜\(◎o◎)/


昨日の与一くんの山登りに刺激を受けて、今日はワタクシ、インテリ与一くんが軽〜く山登りデス、ハイ!(笑)


とうい訳で、やってきましたココ!!

高舘城跡デス、ハイ〜☆( ◎▽◎ )ノ


高舘城跡とは、その昔、那須家の居城だったという事で、ワタクシたちとは切っても切れない縁の地なんデス、ハイ!
≪http://www.ohtawara.info/spot_detail.html?id=33≫


こちらもさくらが咲き始めまシタ♪


この高舘城跡の近くには、これまた切っても切れない縁の地があるんデス、ハイ〜☆


それがこちらデス( ◎▽◎ )ノ

『駒込池(こまごめのいけ)』と言いマス!
池のほとりのさくらも満開デス〜☆


駒込池とは、その昔...、


おやっ!?


説明看板がありましたのでそちらを(笑)

という訳なんデス!!


簡単に言うと、那須与一の愛馬、鵜黒の駒(うぐろのこま)の生まれた場所なんデス、ハイ!


屋島の合戦で、扇の的を射抜けたのは、那須与一の腕はもちろん、この名馬がいたからだとも言われていマス!


どれくらいの名馬かといいますと...、


(◎Д◎)ノ キラリーン☆


三国志で言えば、1日で千里を駆け抜けたといわれる「赤兎馬(せきとば)」級

戦国時代で言えば、天下無双の傾奇者、前田慶次の愛馬「松風(まつかぜ)」級


現代の競走馬で言えば、異次元の走りで競馬ファンを魅了した「ディープインパクト」や中央競馬G1最多の7冠馬「テイエムオペラオー」級と言っても良いくらいの名馬なんデス、ハイ〜(≧∇≦)!!!!


<観光協会Yさん>
「インテリ与一く〜ん!かなり熱の入った解説だけど、うちのスタッフ見て...f^_^;)」


<観光協会N・O・S>
「・・・へぇ〜...(= ̄ ρ ̄=) ..zzZZ」


<インテリ与一くん>
「ナ、ナント...、駒込の池は那須与一の愛馬「鵜黒の駒」が生まれた場所ってことだけ覚えてクダサイ。。。(◎人◎;)」

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

書いた記事数:2017 最後に更新した日:2019/05/16

search this site.

others

みんなのブログポータル JUGEM