おはようこざいます 
本日は晴天なり 本日は晴天なり。。。デス、ハイ!


<インテリ与一>
「今日は私“インテリ与一”が担当です 最後までお付合いくだサイ
頭の体操ということで、思考を柔軟にしていきまショー、ハイ。」


じゃじゃーん!これなーんだ
  はじめ像            

<観光協会職員Sさん>
「これ、3月5日のブログ“パワースポット”紹介に使った写真じゃん
※忘れちゃった人はもう一度みてね

<インテリ与一>
そうです!今日はこの写真から問題を出しマス
さて、この像(モニュメント)は、子供の頃の私がヒバリを狙っているところなんデスが…、この後、ヒバリを射落すことはできたのでしょうか???
さぁ、みんなで考えまショ〜♪

<観光協会職員Yさん>
「…ちょっとオチが心配。。。

<インテリ与一>
「話の最後は与一くんに譲りマス、ハイ! ピュー

<観光協会職員Aさん>
「おっ インテリ与一が逃げたケド…。」

<与一くん>
「ハイハーイ!みなさーん!答えは出そろいましたか?」
「正解は…、射落とせませんでした なぜって!?だって…、弓構えてるけど矢を持ってないから〜

ピュー  くだらなくてごめんなさーい」



最近ちょっと新たな発見があったんだ!

ボクの写真(ポスターかなぁ)をみた人で

「栗まんじゅうみたいなカオしてる

って言ってる人がいたんだよ

ボクの顔がってことで鏡をみたら…、確かにそう見える

<観光協会職員Aさん>
「早速“栗まんじゅう”を売ってるお店に売り込みにいかなきゃ

<与一くん>
「ねぇねぇ、Yさ〜ん、このブログを読んでるみんなにはどう見えるのかなぁ…?もっと別のものに見えてたりして… 福山雅治とか…。」

<観光協会職員Sさん>
「弓矢取られて的にされるかもよ…」 (-人-)チーン

<観光協会職員Yさん>
「という事で、私にはこう見えるなどの意見がありましたら、ぜひぜひコメントして下さい!今後のプログのネタや販路開拓?等に活かしたいと思います。」

注)ブログのネタにする際、投稿者の名前を出して欲しくない方はその旨コメントして下さい。

         ボクの顔よーく見てね

<観光協会職員Sさん>
「先ずは私から一言 大田原特産の“うど”

<与一くん>
「うど!?…、…うどの大木ってこと コラー




おはよ〜 今週も元気にブログを更新〜 

さてさて、大田原市って、『松尾芭蕉』さんの「奥の細道」道中で最も長期間滞在した地なんだけど、知ってた!?
なんと “13泊14日” 2週間も滞在したんだって。。。よほど居心地が良かったんだね


芭蕉さんにあやかってココで一句

<観光協会事務局長>
「ゆるキャラは〜 動物系か 色モノかぁ〜 」

<与一くん>
「え゛ぇっ 事務局長〜、そんなぁ…。」

<観光協会職員Sさん>
私も一句
「知名度は〜 芭蕉がA級 与一なに級?


<与一くん>
「Sさ〜ん、もちろん …A級になるように頑張りマス。。。

<観光協会職員Aさん>
「A級って言うと思ってたのに…、謙虚だね

<観光協会職員全員><与一くん>
「みんなでA級めざして頑張ってイコー
「せーの、ボクのブロク〜 拡散希望〜 拡散希望〜 拡散希望〜 拡散希望〜、
 ハイ! 
拡 散 希 望 〜 



                
 今日も元気だぁ〜ごっはんが美味い
                          
<観光協会職員Sさん>
「朝は、まず“おはよう”じゃないと、 ブログを見てる子供の教育上よくないよ〜」

<与一くん>
「アウッ  …おはようございますぅ」

<観光協会事務局長>
「声が小さいぞ〜

<与一くん>
「ハッ、ハイ〜 おはようゴンザエモーン

<観光協会職員Aさん>
「ハイ、よく出来ました〜

<観光協会職員Yさん>
「与一く〜ん、今日の朝ご飯は何を食べたの?」

<与一くん>
「えーっと、食パンをトーストして“たっぷりのハチミツ”をつけて食べたよ〜」

<観光協会職員Sさん>
「ごはんが美味いって言っておきながらパンかいっ!?
「しかも、“たっぷりのハチミツ”って…、くまのプーさんかいっ

<与一くん>
「アウッ …大田原では朝食でも夕食でも食事はぜーんぶ“ごはん”っていうよ…、きっと…。

<観光協会職員Yさん>
「そういう人もいるかもね…

☆お知らせ☆
明日(3月10日)、道の駅「那須与一の郷」に出没予定となっておりますが、出没時間(8:30〜9:15頃)に雨が降っていた場合「与一くん」の式典参加を見送ることもございます。その場合は、何卒ご容赦いただけますようお願いいたします。



オハヨー 今日も朝から元気モリモリ〜 

イベントのお知らせデース。。。(ボクの出没情報〜


<観光協会職員Yさん>
「与一く〜ん、10日(土)に急な仕事の依頼なんだけど行ける?」

<与一くん>
「内容によるかなぁ…

<観光協会事務局長>
「コラー なに高飛車になってるんだー  」

<与一くん>
 ヒェ〜、冗談です〜 」

<観光協会職員Aさん>
「という訳で、3月10日(土)に道の駅『那須与一の郷』にて午前8時30分〜9時15分頃まで、 にぎやかし のお仕事してます。」

イベント名 「JASP IN FUKUSHIMA〜1/47栃木から満開の笑顔を!」
       (※47都道府県たすきリレー)
開催日:平成24年3月10日(土)
場所:道の駅「那須与一の郷」
時間:午前8時30分〜午前9時15分頃まで
内容:大田原女子高のダンス部、福祉大ダンス部のみなさんと選手を応援する。

ではでは、よろしくお願いしまーす。 (^人^)

 おはようゴンザエモ〜ン

 

<観光協会職員Yさん>
「与一く〜ん、なに覗いてるの???」

<観光協会職員Sさん>
「もしかして、挟まって出られない?


<与一くん>
「アウッ そんな訳ないでしょ!出られるよ!」 
「実はやりたいことがあるんだケド…いいかなぁ。。。」

それは…
ジャジャーン            店番でーす
          
<与一くん>
「1度でいいからレジ前のココに立ってみたかったんだぁ〜
「へーいみんなぁ、イラッシャイ!イラッシャーイ! 安いよ!安いよ〜!このとうがらし羊羹が、ナッ、ナント1個100円!」


<観光協会事務局長>
「コラー勝手に安売りするな ゴツン  」

<与一くん>
「イテッ ゴメンナサーイ…1個130円デシタ。。。」

<観光協会職員Yさん>
「さてさて、こんなおとぼけ「与一くん」ですが、あなたのお店の“お手伝い”をしまーす。」



新装開店イベント、リニューアルオープンイベント、その他どんな時でも、あなたのお店へ与一くんがお手伝いに伺います。
お申し込み、問い合わせは『大田原市観光協会 電話0287-54-1110』まで、どうぞヨロシクお願いします。

<与一くん>
「ではでは  デス。。。連絡待ってマース





 お初お目にかかりマス。
私、「インテリ与一」と申しマス。 以後お見知りおきを…。


<観光協会職員Sさん>
「パッと見、絡みにくそうなキャラだなぁ…

<インテリ与一>
「主にウンチクを担当します Sさんに突っ込むスキは与えません!ハイ!」

それでは今日も元気にブログを更新〜デス、ハイ!

私の一番輝いた瞬間は、もちろん“扇の的を射た瞬間デス。ハイ!
でも、なぜ戦の最中に「余興のような的当て」をやったんだろうって不思議に思った人いると思いマス。
諸説色々ありますが、そのうちの1つを紹介しマス。

当時の武将、とりわけ平氏には風流人が多くて、自陣の陣所でも色々な余興を行っていたんデス。(お酒を飲んで舞を踊ったり、一芸披露など…etc
扇の的当てもその余興の1つだったんデス。ハイ!女官に扇の的を持たせたことからも、ちょっと上から目線で、源氏に余裕であることを見せたかったのでショウ

でも、私にとっては単なる余興じゃなかったんデス…、だって失敗したら責任とって死ななきゃならなかったんデスカラ。。。
ホント成功して良かったデス。ハイ!


<観光協会職員Sさん>
「おぉっ!与一くんより解りやすいじゃん

<インテリ与一>          <与一くん>
「   」       
「アウッ … … 。」



                   
今日も元気にブログを更新〜
                            
みんな〜、雨降りだけど、おはようサンサン


今日は、ボクが“勝手に決めた”パワースポットを紹介するね

  せーの、じゃん          もう1つ、じゃじゃん
 はじめ像≪場所はコチラ≫
2ショットのはずが…

このモニュメントは“はじめ像”っていうんだけど、子供のころのボクが、弓でヒバリを射落とそうとしている姿なんだよ。。。

<観光協会職員Aさん>
                                                    もとまち
「与一公の「一」と、ものごとの初め、という意味があり、元町十字路に建てられています。」

<与一くん>
「何かを始める時には是非訪れてみね」 合掌〜 (^人^)

( 心の声 →  「子どものボクも、なかなかの男前じゃん!」 )

<観光協会職員Sさん>
「与一く〜ん、心の声って、ぜーんぶ見えてるけど…。」

<与一くん>
エヘッ  




            
今日も元気にブログを更新〜
                   

  パチ!パチ!パチ!パチ!
ズームア〜ップ

<観光協会職員Sさん>
「与一く〜ん、なんのためのズームアップ?…たぶん「キモイって言われるよ?」

<与一くん>
「え゛ぇーっ!? キモイって…

<観光協会職員Sさん>
「  ごめん!ごめん!うそうそ! アハハハ

<観光協会職員Aさん>
「与一くん、Sさん、遊んでる場合じゃないよ!そろそろブログ更新しないと

<与一くん>
ホントだぁ、いそげ〜、パチ、パチ、パチ…」   
                       「トリャー、バチ、バチ、バチ」

  

「よーし!出〜来たっと!ポチッっと、ふぅ〜

〜ボクもこんな感じで仕事してまーす


今日は大田原市の特産品をチョットPR〜

「大田原市」といえば…、そう!ありがとんがらし〜のとうがらしなんデス。。。

??? なぜって?

<与一くん>
「事務局長〜、説明お願いしますっ  」

<観光協会事務局長>
昔々のことじゃったぁ。。。   さかのぼること40数年前…
                            じゅうたん
当時の大田原は、秋になるとあたり一面が赤い絨毯を敷き詰めたようなトウガラシ畑が広がっておったそうな。
畑仕事に精をだす大田原のおじいさんとおばあさんたちは、こぞってトウガラシを作っていたそうな。
言うなれば“とうがらし生産ブーム”が到来! 
あっちでもこっちでも栽培されるようになり、生産量で日本一となったんだと。
しかしながら、時が経つにつれて、安い中国産に取って代わられ衰退してしまったとうがらし栽培。。。じゃがしかし、それで終わらないのが元日本一の底力!それを嘆く人々が集まり、とうがらしでまちおこし”という流れになって現在に至っておるのじゃ。。。

もっと詳しく知りたい方はこちらへ → ≪どうがらしの郷づくり推進協議会≫
                                                                        。

<与一くん>
                         とちぎさんたか
ちなみに、その時の品種「栃木三鷹」だけど、今でも国産「一味・七味」のほとんどに使われているんだよ!(←結構スゴイでしょ)

じゃじゃーん
           
                  ↑   ↑   ↑          ↑  ↑  ↑ 
                なないろとうがらし      べにいろとうがらし

これが大田原産の栃木三鷹を使用した“べにいろとうがらし(一味)”と“なないろとうがらし(七味)”デス!
ナッ、ナント!大田原の人はみーんなMy唐辛子を持ってるんだよ!(←これはウソです!!)

<観光協会職員Aさん>
「与一くーん、それは言い過ぎだよ!…私は持ってるけどね、My唐辛子

<与一くん>
「味(辛さ)と風味に自信あり!ボクのオススメ品デス。。。」





calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

書いた記事数:1830 最後に更新した日:2017/09/14

search this site.

others

みんなのブログポータル JUGEM